テニス肘の痛み止めにはロキソニンがおすすめ

激痛のテニス肘はロキソニンテープで応急処置を!

痛み止めは根本的なテニス肘の治癒にはつながりませんが、痛みが強く治療や日常生活に支障が出る場合は応急処置として効果的です。

 

今回は、テニス肘の痛みに効果的なロキソニンテープ(湿布)やロキソニン(錠剤)について解説します。

 

テニス肘の激痛に悩まされているという方は、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

「痛みは体からのSOSだから無理矢理薬の効果で消すのは良くない!」という意見はもっともです。使い方は間違えないようにしましょう。

 

テニス肘の痛み止めにはロキソニンが効果的!

「肘の痛みが強くて眠れない」、「どうしても腕を使わなくてはいけない仕事がある」という場合は痛み止めの飲み薬や貼り薬が手軽でオススメです。

 

特に、錠剤のロキソニンや湿布のロキソニンテープは痛みの軽減効果が抜群です!服用して数分経ったころにはテニス肘を忘れてしまうほど全く痛みを感じなくなります。

 

ロキソニンは主な非ステロイド性鎮痛抗炎症剤(ボルタレン、インドメタシン、イブプロフェンなど)の中でも鎮痛効果が比較的高く、副作用も少ない方だと言われています。

 

しかし、薬において効果があるということは注意しなくてはいけない点もあるということです...。

 

テニス肘で痛み止めを使う際の副作用と注意点

では、ここからはロキソニン等の痛み止めを治療で使う際の副作用や注意点について見ていきましょう。

 

もちろん、病院で説明される使い方や市販のものでも箱に書いてある用法・用量を守っていれば問題ありません!

 

副作用としては胃腸などの器官の不調が多くみられますが、最近の鎮痛剤は胃腸を守る成分を含んでいるものも多いため、あまり気にしなくても大丈夫でしょう。

 

個人的には、痛み止めを使うことで普段なら痛みで出来ない動きを出来てしまうことの方が副作用よりも注意するべきことだと思います。

 

肘に痛みを感じている状態であれば、腕や手を酷使することはないでしょう。しかし、痛みが消えると仕事や家事で使いすぎてしまうということが往々にしてあるのです。

 

そうなると肘にかかる負担は大きくなり、知らず知らずのうちに悪化してしまうことがあるのです!

 

919e50ef51bc2a7555802d6121fd8cdc_s

 

このように、テニス肘の治療として痛み止めを使う場合はメリットとデメリットを考えてしっかりと使い分けるようにしましょう。

 

痛み止めでごまかしごまかし治療してきたけど、これからは諦めずに完治を目指したい!という方は...

 

・病院で治らないと言われたテニス肘も治った!
サイトには書けない完全版テニス肘の治療法マニュアル

 

・どれを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

テニス肘用サポーターランキングTOP3




 

この記事に関連する記事一覧