テニス肘の治し方とリハビリ方法

テニス肘の治療として効果的なのは温湿布?冷湿布?


筋肉や関節に痛みを感じた時に便利なのが湿布薬です。湿布薬には、温湿布と冷湿布の2種類がありそれぞれ効果が違います!... 続きを読む

テニス肘の治療では冷やすべき?温めるべき?


テニス肘に限らず怪我をした時に迷うのが、患部を「冷やすべき」なのか「温めるべき」なのかではないでしょうか?... 続きを読む

テニス肘で痛みだけでなく、痺れが出る原因と治し方!


テニス肘の症状は痛みだけでなく、肘から指にかけて痺れが出ることがあります。痺れは筋肉だけでなく神経にも影響が出ている証拠ですので、しっかりと原因を把握した治療を行う必要があります!... 続きを読む

テニス肘の病院で行われる治療の手順とポイント!


テニス肘のなり始めは、軽い痛みや違和感程度で病院や接骨院に行こうとはならず、放置してしまう人が多いです。しかし、テニス肘は早期に治らないと完治までの治療期間がかなり長引きます。... 続きを読む

テニス肘の治療に効果的なマッサージの方法とは?


テニス肘は肘の腱鞘炎です。痛みを発するのは炎症が起こっている肘ですが、原因は肘の曲げ伸ばしの使い過ぎではありません。主に、前腕の筋肉のコリが直接的な腱鞘炎の原因なのです!首こりや肩こりも遠因にはなりますね。... 続きを読む

テニス肘の治療法として効果的なテーピングの巻き方とは?


テニス肘のサポーターよりも固定力や個人の症状に合わせられるのがテーピングによる治療です。自分で正しい巻き方を覚えればテーピングも良い治療効果を得られます。... 続きを読む

テニス肘の治療法として病院で処方される湿布は効果あるの?


肘が痛いと思い病院で診察を受けると必ずレントゲンを撮り、骨に問題がないと分かると処方されるのが湿布薬です。消炎作用や鎮痛作用のある湿布を貼ると確かにテニス肘治療としては効果ありそうですよね!... 続きを読む

テニス肘の最後の治療法!手術名とその方法とは?


テニス肘の治療として湿布薬、サポーター、ストレッチ、鍼灸、ステロイド注射を試したものの半年から1年間程治らない場合、関節鏡視下手術という手術名の手術を行うことがあります。保存療法では完治しない場合が多いです。... 続きを読む

テニス肘治療で注射は痛いわりに効かないって本当?


テニス肘の治療法の中で最後の番人的な立ち位置にあるのがステロイド注射と手術です。湿布を貼ってサポーターを付けて安静にしてもダメ、マッサージやストレッチをしてもダメとなったら病院が提案する治療法です。... 続きを読む

テニス肘の治療で注射を打った後に痛みが続く理由とは?


テニス肘の痛みや痺れの症状が長期間にわたって続く場合は、ステロイドを含む注射を肘の腱鞘炎が起こっている患部に打ちます。その後、急激に痛みが回復する人もいますが、注射直後から数日間肘に異物感や痛みが続く人もいます。... 続きを読む